秘蔵の日本酒探訪第二弾 丸山酒造インタビュー編動画(2022.06.10)

秘蔵の日本酒探訪第二弾 丸山酒造インタビュー編動画(2022.06.10)

秘蔵の日本酒のブランディング活動の一環として、今年6月に取材で訪れた際の動画収録内容を、お届けします。

👉 動画閲覧はここをクリック!

埼玉県深谷市にある丸山酒造様の蔵元杜氏である丸山和崇様への単独インタビュー、並びに秘蔵の日本酒 高見酒店の店長である、唎酒師タカミンとのツーショットスタイルでのインタビューも収録させて頂いております。

丸山酒造様との出会いから、その後の現在に至るまでの経緯、今後の海外販売に取り組む上での課題等につき、語らせて頂いております。

金大星政宗ブランドの最高級品質を誇る純米大吟醸「酔眺月」は、丸山様ご自身が独自に命名された銘柄であります。素晴らしいお酒でありますが、また銘柄名が素晴らしいですね。 そしてもう一つの代表銘柄である「織星」純米吟醸も飲み口がきりっとしていて辛目のお酒で存在感があります。更には、価格帯から見て、日常酒としても飲める超辛口酒の「玉液」というお酒も秀逸です。

イチオシのお酒「酔眺月」のお買い求めは、👉ここをクリック!

あの渋沢栄一翁の生誕の場所からほど近い場所にある丸山酒造様。深谷レンガ、深谷ねぎ、そして丸山酒造様と、隠れた酒王国の一つと言われる埼玉県の中にある秘蔵の酒蔵、それが丸山酒造様だと思っています。

字の如く、まるーい、優しい飲み口のど真ん中に位置するお酒であり、癖のない味わいが最大の特徴です。
これからも地道に、丸山酒造様の醸す日本酒を対外的に強くアピールしていきたいと考えておりますので、どうか応援の程、宜しくお願い致します。

秘蔵の日本酒 高見酒店

店長:唎酒師タカミン

Back to blog

Leave a comment