佐賀の日本酒の魅力をYouTube動画でタカミンが熱く語る!

2022年6月第一回目の「第五十八弾の蘊蓄動画」のテーマは、隠れた酒処として、知る人ぞ知る、九州の佐賀県を訪ねて<馬と酒について>、ということで、タカミンが勝手に蘊蓄を披露させて頂きました。

最近、地方馬主のタカミンの所有馬一頭(牝馬3歳)を、佐賀県内にあるサラブレッドの休養保養場所としての永松厩舎に預けている関係で、愛馬の状況を見定める為に現地を一人で訪ねてきました。 そして、そのついでに、限られた時間の中で、佐賀県の名酒を味わうべく、永松厩舎の代表である永松様に車で案内され、JR九州の肥前浜駅に隣接する「HAMA BAR」を初めて訪問する貴重な機会を得ました。

言わずと知れた佐賀県鹿島市地区の代表的な5つの酒蔵様のお酒がそこには勢揃いしており、世界に冠たる「鍋島」をはじめ、これまでタカミンも呑んだことのない佐賀県の名酒に遭遇し、大変な興奮を覚えました。特に、以前より個人的に惹かれていた「能古見(のごみ)」の味わいは圧巻で、前日夜の会食時にも呑んだ純米酒と共に、その日飲み比べセットで呑んだ純米吟醸も最高でした。

佐賀県の日本酒の実力度合いを実際に肌で感じ取り、既に国際化が進んだ佐賀県の日本酒の存在感に暫し圧倒された次第です。

自分自身の所有馬との出会いを契機に、今回遭遇した佐賀県の名酒の数々、短時間ではありましたが、至福のひと時を堪能させて頂きました。 では、次回の蘊蓄動画もまた引き続き宜しくお願い致します。

 Rユニコーンインターナショナル株式会社 代表取締役 髙見 広行

Back to blog

Leave a comment